2期間消費モデル 若年期の所得15500万円老年期の所得

2期間消費モデル 若年期の所得15500万円老年期の所得。①38,800÷1+0。マクロ経済学の質問 下記の問題の途中式答え教えて頂きたい "ある経済主体の消費水準の決定、ライフサイクル仮説よって説明できるの仮定する 経済主体若年期老年期の二期間生存するのする 若年期の所得15500万円、老年期の所得38800万円であり、若年期老年期かけての利子率94%であるする 、経済主体遺産動機ないのする 若年期現在て、以下の設問答えよ" ①生涯所得の割引現在価値求めよ ②経済主体若年期21000万円消費たする き、若年期の消費水準求めよ ③若年期老年期かけての利子率25%低下た場合の生涯所得の割引現在価値求めよ 卒お願い致ます 練習問題。- 可処分所得が 。消費量が 。限界消費性向が であるとする。この
時。人は若年期に 。老年期に の所得を得ることになっており。最初は
資産を一万円の人の恒常所得。今年の消費と平均消費性向を計算しなさい。
– 生産量が 兆円。利子率が %の時。最適な資本ストック量はいくらか。

若年期の所得15500万円老年期の所得38800万円であり若年期老年期かけての利子率94%であるするの画像をすべて見る。2期間消費モデル。期の所得を ,利子率を とする.第1期の消費額を ,第2期の
消費額を として,生涯の予算制約式を求め,予算線を 平面に
図示しなさい.利子率が上昇すると,予算線はどのようになるかも説明しなさい

①38,800÷1+0.94+15,500=35,500②15,500-21,000=-5500 5,500×0.94=5,170 38,800-5,500-5,170=28,130③38,800÷1+0.25+15,500=46,540


コメントを残す