直人のブログ 1週間時間与える自分コーチ必要かどうか考え

直人のブログ 1週間時間与える自分コーチ必要かどうか考え。個人的な一つの意見ですからね。高校の女子バレー部の主将

前の代引き続き自分たちの代なって同じ外部コーチお願いたの、
自分たちのやりたいこ伝えたら意見の食い違いなってまって『コーチ辞める』言い出
1週間時間与える自分コーチ必要かどうか考えろ言われ、年齢的ボール出難い方だったので別の人お願いするいう案チームの中出たの、学校の繋り等あって別の人頼むの難いいうこで
結果てう一度お願いするいうこなり

う一度コーチお願いするためチーム代表て言葉言わなくてならないの、正直て言っていいのかわかりません

コーチっコミュニケーションっかり取っていきたいいうこ
伝えたい

どなたか知恵貸ていただけませんか ♀?

わかりくい説明で申訳ありません 球技の個人戦術における実践知の構造に関する研究。第3章 個人戦術に関する実践知を提示する方法の開発とその有効性の検証 ···········
1.個人戦術に関する球技注 の戦術に関する知または知識も両義性
を持って使われている.客体としてえば,ハンドボールにおいて 年代に
大きな成果を収めた旧ユーゴスラビア代表チーム技術の改善には主観的な情報
を選手に伝えることが効果的であるという指摘阿江, も挙がっ
パイクされたボール速度を大きくするための動作に関するバイオメカニクス的
研究和田

テーマ「サッカーの良い指導者とは」。息子のチームに以前所属していた子が移籍したチームで。県内で強豪といわれ
てるチームでしたね。レギュラーコーチは仕事として行くので。通常の練習
時間より拘束時間も長くなるんだから普通の旅行より高いのは当たり前だと思う
。ただ。月日月 合宿費用とかで必要以上に利益を乗せない指導者
大会要項で書いてある費用の倍以上取るってサッカーを上達させなくていい
からサッカーをする機会を子供に与えるという最低限の事は出来て欲しい。提言コーナー。実戦に繋げるパス練習の方法長崎女子高校山崎純男先生から学ぶダミー
ディフェンス練習の効能 &#;, 9シュート。パス。ドリブルの選択を瞬時に
正しく行うことが大切であることに異論はないでしょう。ドリブルの使用
についてルールを決めることも必要だと考えます。例えば。フリースローは各
人1本ずつ交代で打ち。連続して何本か入ったチームを勝ちとします。松江
工業高校の黄金期を作られた渡辺晴夫先生は。コーチの仕事は画家と同じだと言
われました。

お気づきだろうか。現場で子どもたちと向き合っているコーチたちには。この言葉のおかしさがわ
かっていただけると思うが。理論や理想だけだけでも足りず。具体と抽象を
行ったり来たりする中で世の中の見え方が変わっていくということを象徴して
いる。 「『自分の頭で考えろ』という発言や指導って。実はものすごい自己矛盾
を起こしているんですね」近年。社会全体で与えられた課題を正確にこなすの
ではなく。能動的に自分の頭で考えて行動する大切さが言われています。監督日記。試合はみんなのモノだし。プレーの是非もみんなでするモノだが。子供の心理や
。視野において。それらはなんと言うか。気持ちをチームやサッカーに置いて
いると言うか。自分の気持ちに正直と言うか。子供時代にしか出来ない事を彼
地域のみなさんの為クラブでありながら10~15年に1人位。プロサッカー
選手が生まれる様な。そんなクラブに成長してしかし今回程。まとまりや
チームスピリットがなかったのは18年指導者して来た中で初めての出来事だっ
たと思う。

「考えろ」は指導者や親に向けた声でもある。大人も「何を。いつ。どこで。どのように。誰と。なぜするのか」を整理でき
ていないから怒る全体的なサッカーのメカニズムを知る必要がありますし。
適切に判断するためには。どんなプレーが有効かというでも言われた方から
したら。「いや。考えてやったプレーがいまのプレーなんだ」と思っています。
どんな状況がサッカーの試合の中にあって。その中で自分たちのプレーをより
よくするためにどんな選択肢があっ月額円税抜で週?回配信自分で考えろ。「自分で考えろ」。 ここ数十年サッカーの現場だけでなく。ビジネスシーンでも
頻繁に聞く言葉だ。 自分で「考える」ことはたしかに大切だ。 大切なのだが。
たとえばその言葉を。子どもや部下に伝えた場合。大きな矛盾が

直人のブログ。ダブルスでは。自分が良いプレーをしている時間はそれほど長くある必要は無い
。自分としては。慣れないハードコートでおまけにナイターだったので。
ボールが速く感じられたが。それでも自分の中で良い試合で勝ちたいと思って
いる選手になれば。一球のミスを人に見られることが嫌だと思うようになって
くる。そういう持論があるからだ。その先輩は別で練習をするということだっ
たので。相変わらずテニスを好きなんだなぁって思いながら。自分は別で練習を
開始する

個人的な一つの意見ですからね!謝罪することや下からお願いするようなことは「全く必要なし」と思います。高校生の部活として考えれば、意見の食い違いなんあってあたりまえです。中学生の部活とは違います。意見の食い違いがあったらそれを何とかしてチームが向上するよう考えるのがコーチではないですかね!そもそも聞き上手でなければコーチは務まらないですよ。大昔のスポーツ根性指導ですね!当初お願いした時は、そのコーチをまだよく理解していない段階でのお願いだったわけです。今回は、状況がまったく違います。意見の食い違いがある程度で「辞める」と言い出す未成熟な人だったのです。歳を取っていれば誰でも成熟したものの考えをするとは限りません。歳を取っていない人は未成熟な考えしかない人とも限りません。今回のお願いするに対しておさえるべきこと?今後もそのコーチとは意見の食い違いは必ずでる。?学校が認めてくれれば他の人に頼みたかった。?今回ダメであった場合は、あきらめる。?自分たちだけでやる覚悟もある。ではお願い「今後も意見の食い違いはあるでしょうが、チーム向上のためにお互い知恵を出し合いましょう。引き続きコーチを引き受けて頂けますでしょうか?」ボール出しができないと、コーチとしてどうかと思いますが~ ̄▽ ̄;質問者の回答になりませんが、チームの向上にならないコーチなら、自分なら頼まないです。大人気ないコーチだと思いますが、自分のバレーに対する考えを持っているコーチなんだとも感じます。もう一度お願いするということは今後もコーチの方針は変わらないだろうから、部員みんなでそこは覚悟が必要だと思います。どんな覚悟か?コーチは「俺がやる以上は文句は言わせない」という気持ちがあると思うので相談などに応じてくれないかもしれないけれども、自分たちがやりたいことはたとえ反発されても決して受身にならずに伝え続けること、そしてたとえ意見が通らなくても腐らないこと、この2つの覚悟が必要だと思います。その上で「私たちはこれからもバレーの実力向上を目指してがんばる気持ちです。そのために今後も自分達の意見はコーチに対してぶつけていくつもりですが、コーチと一緒にがんばる気持ちで一致しましたので、このようなまだまだ未熟な私たちですがコーチのお力を貸していただきたいので今後もご指導をお願いできないでしょうか?」または、「今回のことで、バレーが上手くなりたい?強くなりたい気持ちはみんな一緒であること、そのためにはコーチの存在が必要なこと、この2点を確認することができました。生意気なことを言ってしまったことは誤ります。コーチの指導の元でやる上で今後も私たちの考えもコーチにはぶつけていくつもりですので、その際は優しく対応してくださるようお願いしたいです」「コーチに失礼なことを言ってしまったことは素直に謝ります。今更ながら私たちにはコーチの力が必要だとわかりました。私たちもバレーを真剣に考えているので今後もコーチと意見交換しながら一緒にやって行きたいと考えていますので、今後もご指導していただきたいです」こんなことを書いてみました。使えそうな部分があったら参考にしてください。相手に不快な思いをさせたことを素直に認めて誤ること、自分たちはバレーがうまくなりたいからその方法をコーチと一緒に色々考えていきたいこと、コーチの力が必要であること、などを自分達の言葉でしっかり伝えることが大切なんじゃないかな。


コメントを残す