化学ポテンシャルのつり合い 化学ポテンシャル相の釣り合い

化学ポテンシャルのつり合い 化学ポテンシャル相の釣り合い。細かいことは置いておいて、ざっくりとしたイメージを。熱力学 化学ポテンシャル 化学ポテンシャルでょうか 化学ポテンシャル相の釣り合い使われるいうのぼんやり分かるの??? どういう時使われるのでょうか??? 物理的意味教えていただきたい 現実の現象合わせて貰える尚ありたい??? 抽象的みません化学ポテンシャルのつり合い。反応の平衡条件は反応の前後で化学ポテンシャル μ が等しくなることです。 μ =
+ 液体の水は。凝縮相なので活量はです。水蒸気のさて。水蒸気の
蒸気圧が であるとすると。その水蒸気の化学ポテンシャルは μ§9。化学ポテンシャルは常に1モル当たりで考ないと誤りと言う訳ではない.物 質
粒子1個当りで考えても良い.例えば,ランダウ?リフシッツの統計力学の

化学。物質の熱力学的ふるまいとその原理化学熱力学東京工業 は。
熱力学的系が熱的。力学的。化学的に平衡であることをいう。化学
ポテンシャルが相の釣り合いに使われるというのはぼんやり分かるのですが??
? どういうギブズの自由エネルギー化学ポテンシャルとは何か。ギブズの自由エネルギーその単位質量当たりの値が化学ポテンシャルとは。
異なった系を構成している異なった状態方程式曲面を繋ぐときの橋渡しをして
そのとき。ギブズが言う熱力学を多成分系へ拡張するというのはどういう意味
なのでしょうか。外界と温度や圧力が釣り合うと平衡状態になりますが。その
平衡位置が決まる様子を説明しているのが。“ル?シャトリエの法則”です。
これはギブズによって初めて唱えられた関係式で。“相律” と言
われる。

細かいことは置いておいて、ざっくりとしたイメージを。2つ以上の系があたっとき「温度が異なっていると、温度が同じになるように熱が移動する」「圧力が異なっていると、圧力が同じになるように体積が変化する」となるのと同じように「化学ポテンシャルが異なっていると、化学ポテンシャルが同じになるように物質が移動する」というものです。全ての系で化学ポテンシャルが等しくなった状態が平衡状態になります。応用範囲は広いのですが、わかりやすくするため簡単な例を示すと容器の中に水と空気が入っていたら、液相の水と気相の水蒸気の化学ポテンシャルが同じになるように水が揮発します。もし液相に溶質が溶けていると、液相の水の化学ポテンシャルが変わるので、それに応じて平衡の水蒸気圧も変わり、蒸気圧低下が起きます。こんな感じで使えます。相変化、溶解、混合、化学反応など、物質の状態が変化する場合に、便利な状態量です。ギブスの自由エネルギーの部分モル量です。自由エネルギーと自発変化の方向の関係は理解してますか?基本的にそれと同じように使われます。


コメントを残す